ロスカット

ロスカットのページを説明

スポンサードリンク
30日間の無料お試しにお申込みを頂くと、山根先生のDVD6枚とセミナー特別テキスト、プロトレーダーT氏の売買戦略テキストなど、総額38万4540 円ものFX教材セットを無料でプレゼント
山根亜希子FX通信講座はコチラ
新着記事一覧

ロスカット

FXが投資である以上、リスク管理をしっかりする事が利益を上げるコツになります。

常に勝ち続けるのは無理なのですから、損が出た時は小額で抑える。

これを気を付けるだけで、FXでトータルで利益を出しやすくなるはずです。

外貨取引においてのリスク管理の一つとしてマージンコールの話は前に書きました。

その時にロスカットの話も少ししましたよね。

上手にロスカットが出来るか出来ないかで、最終的にFXで勝てるか勝てないかの違いが出てきます。

再度、簡単に外貨取引に必要なロスカットの説明をしますね。

外為業者の決めた割合を保証金が割り込んで損失が出た場合に強制的にポジションが反対の売買により決済する強制ロスカット。

自分で決めた基準を超えて損が出たら損切りするロスカットがあります。

強制ロスカットは良いイメージはないですが、投資家の資産以上の損失を防ぐためには必要な仕組みになります。

この強制ロスカットの基準は取り扱いを委託している外為業者によって違いますので確認しておく事をお勧めします。

例えばあるFX業者では保証金の合計額が必要資金の25%を下回った時に自動的に決済する事です。

この強制的なロスカットの仕組みで、投資家の損失を一定の割合に納めるようにしようと言う考え方になります。

しかし、強制ロスカットの仕組みも万全ではなく相場の急激な動きによっては、資産以上の損失をこうむる事がありえるのです。

そこで、ロスカットの水準に達する前にマージンコールと言う警告が出ます。

どうしても、強制ロスカットを避けなければいけない時はこの時に、追加で証拠金を追加する事で防ぐ事が可能です。

信用取引で言う所の「追証」のようなものですね。

この様な状態にならないようにする為には、実質の保証金と必要な保証金のバランスに気を付ける必要があります。

外貨取引では、レバレッジという仕組みで実際の資金以上に投資出来るので、ついつい短期的な利益を追求しすぎてしまいがちです。

FX投資でもメリットで少ない資金で大きな利益を出せる可能性がある反面、損失が出た時も大きくなってしまう事を忘れてはいけません。

自分の手に負える範囲でレバレッジを使うと、まずロスカットになる事はないでしょう。

それと、外貨投資の資金をすべて投資するのではなく、余裕を持たせて運用する事も大切ですね。

もう一つは、強制ロスカットの水準になる前に自分なりの基準を持って損切りするケースです。

何%の損失が出たら損切りするとか、何円損失が出たら損切りするとかですね。

慣れてきたら、テクニカル指数などで売りのシグナルが出たらロスカットする等の方法もあります。

この辺は徐々に勉強された方が良いと思います。

損失を確定させるのがいやなのは誰でも同じですが、場合によっては我慢しすぎて資金をすべて失ってしまう事だってありえます。

時には勇気を持って損切りが必要な時もあります。

FXは博打ではなく投資ですので、損失は少なく利益は堅実に取る事が外貨投資で勝つ事に繋がります。


スポンサードリンク
山根亜希子先生のFXウィークリーレポート
現在もなおFX業界で稼ぎ続け、その手法を公開しているセミナーは非常に実践的で分かりやすいと、絶対的な人気を誇っている山根亜希子先生のセミナーを収録した無料DVD+テキストと、毎週配信されるレポートで実践的に利益をあげる事目的とした教材

Category 投資

FXの始め方のロスカットのリンクについて

FXの始め方のロスカットのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。