マージンコール

マージンコールのページを説明

スポンサードリンク
30日間の無料お試しにお申込みを頂くと、山根先生のDVD6枚とセミナー特別テキスト、プロトレーダーT氏の売買戦略テキストなど、総額38万4540 円ものFX教材セットを無料でプレゼント
山根亜希子FX通信講座はコチラ
新着記事一覧

マージンコール

FXではマージンコールと言う言葉があります。

外貨投資は何度も言いますが投資ですので、100%勝つことは不可能です。

ですので、始める前にリスクを把握する事とリスクを減らす方法を理解する事。

これがとても大切になります。

今回はマージンコールについて、お話しておきますね。

マージンコールとは、FXを始める時に外為業者に預ける保証金の前にお話をしましたよね。

外貨取引で損が生じた時に、取引に必要な保証金額を下回ってしまう事があります。

こういうケースの時に、外為業者から出される警告の事をマージンコールと言います。

しかし、常に損をすると警告が出るわけではなく、外為業者の決めた損失の割合によって出されるのです。

例えば、このまま相場が推移して下がると、証拠金の○%を割り込みますと言ったような形で警告が出ます。

このマージンコールの出る基準は各外為業者によって違いますし、業者によってはこの制度自体がない事もあるので確認しておきましょう。

では、マージンコールが発生した場合はどうすれば良いのかと言うお話ですが、これには2つあります。

一つは、これ以上損失が広がらないようにこの場で決済してしまう方法でロスカットと言う言われ方もします。

もう一つは、マージンコールが発生した日から、翌営業日までに維持できるだけの証拠金を追加する方法があります。

基本的にはこういうケースでは、損を広げないようにロスカットを選択する事が良いとされています。

追加で保証金を追加する方法を選択した場合、相場が回復すれば良いのですが、そうでないケースも考えられます。

そういう場合でさらに大きく取引に必要な証拠金が不足してしまいますと、今度は証拠金をさらに追加と言うのではなく、強制的に決済してしまう制度を設けている外為業者もあるので確認しておきましょう。

このことを強制ロスカットと言います。

損失が大きく膨らんでしまって証拠金がマイナスになってしまう事から投資家を守る意味で設けられているのです。

FXではこの様に、外為業者側も投資家を守る仕組みを用意しているんですね。

大体30分間隔で、投資家の口座をチェックして時価評価をしているそうです。

そして、毎営業日の15時の時点で評価の損失が、預けている証拠金の50%を切ったら、危険と判断してマージンコールと言う警告がされるのです。


スポンサードリンク
山根亜希子先生のFXウィークリーレポート
現在もなおFX業界で稼ぎ続け、その手法を公開しているセミナーは非常に実践的で分かりやすいと、絶対的な人気を誇っている山根亜希子先生のセミナーを収録した無料DVD+テキストと、毎週配信されるレポートで実践的に利益をあげる事目的とした教材

Category 投資

FXの始め方のマージンコールのリンクについて

FXの始め方のマージンコールのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。