レバレッジ

レバレッジのページを説明

スポンサードリンク
30日間の無料お試しにお申込みを頂くと、山根先生のDVD6枚とセミナー特別テキスト、プロトレーダーT氏の売買戦略テキストなど、総額38万4540 円ものFX教材セットを無料でプレゼント
山根亜希子FX通信講座はコチラ
新着記事一覧

レバレッジ

FXの投資の仕方の勉強を始めるとレバレッジと言う言葉も良く出てきますよね。

 

レバレッジって一体どういう意味だと思いますか?

 

単純に訳してしまうと梃子という意味になります。

 

梃子の原理と言う言葉を聞いた事があると思いますが、その梃子の事です。

FXと梃子はどういう関係があるんだ?と思われるかも知れませんね。

それでは説明して行きますね。

FXで言う所のレバレッジとは、元本に対する投機的取引金額の倍率を表す言葉として使います。

投機的取引金額?倍率?とこれから始める人には何の事かもしれません。

もう少し噛み砕いて言うと外貨取引をする時に外為業者を選択する話を前にしたと思います。

その時に取引を開始する前に外為業者に証拠金を預け入れる話をさせて頂きました。

FXではその証拠金を基準にして、証拠金の何倍もする取引をする事が出来るの仕組みがあるのです。

例えば10万円の証拠金を預けていて、10万円分の外貨取引をする場合はレバレッジ1倍と言います。

このケースでレバレッジを10倍にすると、100万円分の取引が出来てしまうと言う事ですね。

この辺りが外貨預金や外貨MMFなどの外貨の金融商品と違う所で、自己投資資金が実際の取引金額よりも少なくても取引出来ると言う事です。

こういう売買取引の事をレバレッジの効いた取引なんてFXでは良く言われています。

FXの特徴として、他の金融商品に比べてこのレバレッジが大きい事が挙げられますね。

このレバレッジは取り扱う外為業者によっても違いがあります。

400倍まで可能なFX業者もあるようです。

FXではレバレッジのおかげで、手出しの資金が少なくても取引出来るメリットがあります。

このメリットがあるから、個人的にも入っていきやすく人気があるのだと思います。

しかし、メリットもあれば当然デメリットもあります。

少ない資金で多くの利益を挙げる事が出来る反面、損失を出した金額も大きくなってしますのです。

FXは投資なので、当然このリスクを知っておかなければなりません。

リスクやリターンを考えた上で、無理をしない範囲でレバレッジを調整しましょう。

リスクなるべく抑える知識を持ってFXに取り組むと、レバレッジをうまく使いこなせるようになるはずです。


スポンサードリンク
山根亜希子先生のFXウィークリーレポート
現在もなおFX業界で稼ぎ続け、その手法を公開しているセミナーは非常に実践的で分かりやすいと、絶対的な人気を誇っている山根亜希子先生のセミナーを収録した無料DVD+テキストと、毎週配信されるレポートで実践的に利益をあげる事目的とした教材

Category 投資

FXの始め方のレバレッジのリンクについて

FXの始め方のレバレッジのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。